出産

山王病院で無痛(和痛)分娩③いよいよ出産当日!陣痛の痛みは?LDRは良いの?

いよいよ出産当日です!朝早くから起きて、出産用の服に着替えるところから1日が始まります。

促進剤&麻酔を投与

07:00起床。朝一の内診で破水させらました!
バルーンを抜くも全然子宮口の開きに進みはなく…。もはや今日産まれるのかな?という話にもなっていました。

麻酔があるため、もちろん朝食はありません。一眠りつくことに。

09:00前に起きて、だんなくんも到着。点滴から促進剤の投与開始!ここから陣痛がくると思うとドキドキ。
そして麻酔科の先生が来て硬膜外麻酔の針を背中に刺し、いつでも麻酔投与できる状態になりました。

麻酔がちゃんと効くかを確認するために微量を注入されます。ちょっと左が弱い感覚があり、そのことを伝えました。後々に投与する際、また調整されるとのことです。

しょちこ

硬膜外麻酔では左右同じにするのって難しいらしいよ!

むすめちゃん

麻酔は陣痛やお産の進み具合を見ながら投与をしていくのね

促進剤を打ってからは割と順調に陣痛が来て、じわじわとリズムのある痛みに耐えます!

麻酔のタイミングは自己申請

陣痛がまだ弱い段階で麻酔を投与してしまうと陣痛の進みが遅くなるため、ある程度子宮口が開くまでは痛みを我慢し、お産を進ませる必要があります。

しょちこ

無痛分娩(和痛分娩)と聞くと、痛みゼロのような想像をしちゃうけど…。

むすめちゃん

ある程度しっかり陣痛の痛みは味わうことになるの

それでも麻酔を打って欲しいと言えば投与してくれます。
ただ、何度も書いたように痛みがなくなることでお産の進みが遅くなる可能性があります。
そうなると麻酔投与を中断し、また陣痛に耐え、子宮口を開かせ、そしてまた麻酔を投与し…と出産までの道のりが遠くなってしまう可能性が高くなってしまうのです。

ちなみに麻酔の投与は自己申請するシステムは、タイミングが難しいという人もいるそうですが、私は「もうこれ、無理!」と痛みに耐えられないと思った時に麻酔をお願いしました(><)

子宮口2cmで痛みの限界

12:00頃。バルーンを入れたのにも関わらずまったく動じない子宮口。。でも私はどうしても今日中に出産がしたかったので、促進剤で誘発された陣痛を耐えるに耐えました。。

NST(ノンストレステスト)のグラフで感覚を見ながら、グラフが下の部分の時は痛くないのですが、針が上に上がっていくともう「あーもう痛い!痛いんですよ!」と声に出さずにはいられない痛みが。。

ひたすら子宮口が開くように陣痛に耐えます。

しょちこ

タオルを持たせてもらって痛みがくるとそれを引っ張ったりして痛み逃しをしていたよ〜!

むすめちゃん

あんなに痛そうな姿は初めて見たってパパが言ってたの

あんなに痛いという言葉を、渾身の力を込めて口に出したのは初めてでした(笑)というくらい痛かったです(^^;)

タオルがないと本当に無理で、引っ張ったり、ギューっとにぎったりして頑張って耐えても痛み逃しが限界に…。

「今子宮口何cmでしょうか…?」と聞いたら、まだ2cm程度…とのこと。え、まだ2cm…!?
衝撃でしたが痛みに弱すぎる私は、子宮口2cmでもう限界を迎え、「もう無理です!痛いので麻酔を!」と懇願したのでした。弱すぎ。

すると、元々希望していたLDR(陣痛→分娩→回復を全てできる部屋)もタイミング良く空き、まだ子宮口は全然開いていませんが、移動しちゃいましょう!と助産師さん。

14:00頃、早々にLDRへ行くことに。車椅子に乗せられてGO!

快適すぎるLDRでお産スタート

LDRとは?

陣痛室・分娩室・回復室が一体となった個室で、妊婦さんは移動することなく1つのベッド、個室で過ごせる部屋のこと。

広々としたLDRはテレビも冷蔵庫もあり、ポカリや水を入れてもらいました。

早速麻酔投与の準備が始まります。左右差があることを再度伝えると、麻酔科の先生が来て(最初の時と別の先生)、針の刺し直しをしました。刺し直しや麻酔投与までももちろん陣痛の波があるので、横になりながら痛みに耐え耐え…。陣痛の波が引いたタイミングで準備完了!
その後割と早く痛みが無くなっていきました!
なんだこれは!と感動しました。

麻酔が効いて陣痛の痛みはなくなり、声を出して逃していた痛みはお尻の穴を強く押される程度に軽減されました。

しょちこ

ちょっと強めの生理痛くらいの痛みかな

むすめちゃん

スマホでインスタ見てたよね

今日の16:00までに産まれそうになかったら明日へ持ち越し、という話まで出ていたので、スマホいじったり、テレビ観たり、水を飲んだりと、かなりリラックスしながら過ごしていました。

のんびり過ごしていたら、いつの間にか子宮口が8cmに!
LDRで麻酔針位置を直したりお産の準備をしている間に、あれよあれよと進んでいたみたいでした。

そしてすぐに10cmを迎えて、お産が始まりました。

スピード出産&安産

15:00頃、主治医のO先生がくる前に担当の助産師さんといきむ練習をすることに。
陣痛が来たらいきんでください!と何回かいきみます。

いきむのが上手い下手あるのかと思いましたが、いきむって本当にう◯ちを出す時と同じ感じで。。
その感覚に、ちょっと上の方を意識していきむというコツを教えてもらいました。

そして次々と看護師さんが入って来て(みんな美人)、バタバタと出産後の準備が進められ、本番直前。
いきんだ後、陣痛が引くと同時に赤ちゃんの頭も引っ込んでしまうらしく、ホットヨガで鍛えた呼吸法を使う時が来た!と、陣痛が引いたあとも下腹部に力を入れたまま、頭が引っ込まないように頑張りました(^^;)

だんなくんも立会いのために急いで部屋へ。さらにO先生もやってきてもう産まれる雰囲気。

いきむ練習と言っていたのが、実は本番が始まっていた感じだったのです!

赤ちゃんの頭らしきものが間に挟まったまま、陣痛が引いていきめない時が一番痛かったです。。

何回か本気でいきんだ後、無事に娘が産声を上げて産まれました〜!(^^)

しょちこ

何がなんだか良くわからない感情が込み上げて号泣したよ〜

むすめちゃん

その間鼻や口の中を掃除されて、腕と足に名前のバンドを付けられていたよ

胎盤出すのは言うほど痛くはなく、会陰切開や縫合も痛みを感じませんでした!

その後は親が入室して撮影会。そのまま1時間くらい休んで、病室へ戻りました。

麻酔とLDRのまとめ

とにかく麻酔を投与した瞬間にテレビを観たりSNS見たり、ものすごい余裕で驚きました。
ある程度陣痛を耐えたからこそ、痛みが薄まっていく感動をしっかり味わうことができました!

助産師さん、O先生の言うことも冷静に聞けて、痛みでパニックになることなくちゃんといきむことが出来たのも、無痛分娩の良いところだなと実感しました。

山王病院のLDRは広くて部屋みたいな雰囲気なので、ここは病院!のようないかにも感はほぼなく、気持ち的にとってもリラックスできました。
テレビがあるのは最高です。

麻酔もLDRももちろん費用はプラスしなければならないのですが、絶対に申請して後悔はしません!
むしろ申請しておいて良かったと心から思いました(^^)

  • 万が一夜間休日にお産になった場合、麻酔科医が対応出来ないため自然分娩になる可能性があります。
    ※山王バースセンターでは麻酔は24時間対応
  • LDRは当日空きがないと利用出来ない場合があります。

さらに驚いたのは、だんなくん入室後に「はい!旦那さんこっち!撮ってください!」と、お産開始からビデオをまわして、産まれたばかりのむすめちゃんを「はい、ぜひ撮ってくださいね!」と誘導していただき。。

産まれたてのお子の鼻の穴や口の中、色んなところを綺麗にしてくれる貴重映像を撮ることができました(笑)

あ、撮って良いんだ、と夫婦そろって同じことを思った瞬間でした(^^;)