ママの日常

大腸内視鏡検査に行って来た!流れや費用、痛みなどの感想

人生初の大腸内視鏡検査を受けてきた記録!
卵巣嚢腫手術、出産でお世話になった山王病院で受けて来たよ。

恐怖の胃カメラ。4回目の人間ドックへ 28歳から会社で人間ドックがスタートして、今年で4回目。パンツ一丁で病院着に着替えた後、母乳が少し出てきてしまい、染み出して恥ずかしい...

きっかけは人間ドックの血便

会社で受けた人間ドックの結果、便に血が。
当時授乳中で便秘気味だったからおそらくキレ痔(照)による血だと思って、あまり気にせず。
要精密検査と書かれたけど無視していたら…。
大腸内視鏡検査受けてくださいというメッセージ性の強いお手紙が郵送され、一度も検査したことないし、もう30過ぎだし、検査受けて損はないよねー。

ということで大腸内視鏡検査、行って来ました。

検査前日から当日の流れ

胃カメラの経験はあり、バリウム?とかカメラが体内に入ってくる感じが本当に苦手過ぎて当日までかなり億劫だった。

大腸内視鏡検査は前日の夜に下剤を飲む。
21:00以降何も食べてはいけなくて、水か糖分を含まない飲料のみOK。

朝10:00、下剤を飲んだけど便は出ず。
朝ごはんを食べずに水だけ飲んで山王病院へ。

大腸の中をすっからかんにするため、2Lの腸管洗浄液を飲むところからスタート。
30分かけて500mlを飲み、その後15分間水かお茶を飲む。
これを3セット。トータル1.5Lの腸管洗浄液を飲むことになるけど、これで大腸内がきれいにならなかったらさらに1セット追加。ここまで入れると2Lということ。

味は、梅味のアクエリアスに片栗粉を入れたトロッと濃厚ジュースのような。
こ、これは辛い…。

山王病院内では大腸内視鏡検査用のスペースがあって、そこで2時間ほどかけて下剤を飲み、トイレに行くを繰り返す。

6、7回ほどトイレで出し尽くし、ほぼ水分になったら内視鏡検査を受ける準備ができたサイン。

13:30から順番に検査スタート!
私を含めて4人ほど検査を待っている人がいて、だいたい一人30分程度とのこと。

ただ、ポリープが見つかったらその場で切除するため、人によって長くなることもあるから受ける時間も、終わる時間も見通しはつかない×

大腸内視鏡検査は1日がかりで行われるから用事は入れない方が良い!

いよいよ検査スタート

割と早めに呼ばれ、お尻部分が空いている検査着に着替えてから血圧が下がらないように点滴を打たれる。

カメラを入れるときに麻酔をして眠りたいか聞かれていたから、私は絶対寝たいから麻酔希望。
検査の画面を見たい人もいるらしい。確かになかなか受けない検査だから大腸の中を見れるのは興味あるけど、私は絶対無理(><)
痛みなく、違和感なく検査を終えたい。

点滴を繋いでるチューブに麻酔を入れて、5秒ほどで泥酔したような感覚に。

ふわんふわんした感じのままあっという間に検査終了。
なんと、ポリープがあったらしい。かなり小さく7mm程度。看護師さんに見せられた笑。

カメラで検査してその場でポリープも切除できるなんてすごいな。

その間20分くらい経っていて、記憶はない。完全に眠りについた感じもなく、泥酔した感覚だった。

検査とポリープ切除も終わり、麻酔を消す薬を点滴チューブへ投入。
意識がはっきりしてきたところで検査室の外の専用スペースで休憩。

それから着替えて検査終了!
10:00に始まり15:00くらいに全てが終わり。

大腸内視鏡検査の費用と感想

約2万円ほどでした!
加入している医療保険が適応されるから、手術給付金が少しでも戻ってくるといいな。

大腸内視鏡検査で一番つらかったのは腸管洗浄液。
これが本当に一番つらい笑。

山王病院では麻酔を希望することができたのが本当に良かった。
ぐっすり寝たいか、ちょっとうつろな状態にしたいかなど、量の調整もしてもらえたのが最高だった…♡

今回人間ドックがきっかけで検査して来たけど、こういう大きな検査ってきっかけがないと行くぞーってならないから行って良かった。
ポリープがあるとは思わなかったから、それがいつか大きくなって悪性腫瘍なんかになってしまったら、あの時検査してたらなって後悔するし。。

ちなみにポリープを切除した場合約二週間、旅行、お酒、スポーツが禁止になるから要注意。

これからはどんな検査でも、ちょっとでも躊躇して行くの面倒だな、なーんて思っでもすぐに検査をすることにしようと思えたよ!

Let’s 大腸内視鏡検査!