妊娠・出産

山王病院で和痛分娩⑤元旦に退院!出産費用と部屋について

2019年1月1日に退院でした!全然人がいなかった退院日。

山王病院で和痛分娩④出産後の体調と遺残胎盤で大出血した 出産直後の様子と体調、そして楽しみにしていたご飯!からの大出血事件…。 http://4405log.com/2019/06/1...

朝食はおせち料理

元旦の日の朝食はまさかのおせち!こんな感じで朝からどどん!

これにはだんなさまと一緒に驚いた。しかもかなり豪華。
お重箱を開けると…

わお!かなり本格的なおせち料理!

朝から盛り盛りでございます。一人では食べきれない量。
だんなさまと仲良く分けてごちそうさまでした〜(^^)

さらに、元旦退院の人にはもれなく飾り皿が贈呈。

うーん、飾る…のかなこれは。笑。

入院の部屋について

今回一番安いEの部屋を希望したのだけども、は家族が泊まることはできない部屋。

A,C,D(高い順)は妊婦さん以外に1名同室で宿泊が可能で、ミニキッチン付き。
※Bは無し
ちなみに「育児サポート目的に限り宿泊(同室)可能」のため、出産前日は全ての病室で同室が不可×

出産は27日だけど退院は元旦。
年越しが一人になってしまう!というさみしさから、出産後はDの部屋に空きがあれば移動したい、と伝えていたのです。

でも年末にかけて出産予約は埋まっていて、おそらく厳しいかも…と言われていた。

が、ここで奇跡が起きる。

同じタイミングで入院していた経産婦さんの出産が早まり、Dの部屋が空いたとのこと〜!なんとラッキーな♡

ということで出産後はDの部屋へ移動することが出来た(^^)

夜間の新生児預かり

ここで注意なのが新生児の夜間預かり。
山王病院では、夜間は新生児ルームでこどもを預かってくれる。
授乳以外はゆっくり休むことができるシステムなのです。
(授乳のタイミングで子供を連れて来てくれる)

だけど…だんなさまが同室(宿泊)の場合、夜間の預かりはできないのです!
ガーン!

あくまで同室の目的は育児のサポートのため。
そのため家族が宿泊していると夜中も新生児の我が子と一緒に過ごすことになる。

まぁ当たり前のことなのですが!ゆっくりと体を休めることができていた私にとって、出産後初めて我が子と一緒に夜を過ごすことになり、ここで「新生児の洗礼」を受けることになったのは言うまでもない〜。トホホ(^^;)

辛かったなー眠れないのは(^^;)

気になる出産費用は?

「お産の山王」と言われるだけあってセレブじゃん!と周りからも言われていた山王病院の出産費用。

トータルはざっと130万円!
そこから、区の助成金60万円(港区は42万円ではないのです!イエイ!)を引く。
※会社の健保で62万円もらえたのけど金額変わらないので区の方で計算。

130万−60万=70万円

ということで自腹は70万円(^^)
セレブでもなんでもない私だけど他の産院に比べたら確かに高い。

山王病院で出産まとめ

NICUはあるし、新生児預かりしてくれるし、ご飯は美味しいしおやつも出るし、部屋は全室個室できれいだし、看護師さんは美人だし、計画出産&和痛分娩だし、トータルサービス最高だった!

高い!とは思わなかった。
もし二人目を産むとなったら、また山王病院で産みたい。

そう思える最高の出産だった(^^)

山王病院で出産前の入院準備!あったら便利なもの持ち物 ネットに沢山ある出産時の持ち物。いざという時のために!と多く持っていくのはやめたよ。 【出産レポ記事】①はこちら→計画出産で快適...