妊娠・出産

山王病院で和痛分娩①計画出産で快適なお産ができた!

2018年12月27日に港区赤坂にある山王病院で出産しました!

「お産の山王」で有名な港区の山王病院

山王病院は乃木坂駅からもミッドタウンからもすぐ近く、かなりの好立地。

2017年に山王病院で卵巣嚢腫の手術をして、とーっても良かったから初めての出産は山王病院と決めていた。

中でも産婦人科は有名。この病院で出産する芸能人も少なくない。
それに加えて近くには人間ドック専門病院の山王メディカルセンターとの連携や、新しくできた山王バースセンターという産科クリニックも設立して、NICU(新生児集中治療室)も完備。
私の中で山王病院は絶大な信用信頼が出来上がっているのです。

病院内もちょっとレトロな感じで好き(^^)椅子はふかふかのソファだし。

そして何より私の出産条件を満たしている。

  • 無痛分娩があること(山王病院は和痛分娩と言われている)
  • NICUがあること(万が一の時に備えて)
  • LDRがあること(陣痛→分娩→回復を全てできる部屋)
  • 個室&ご飯が美味しいこと(前回入院した時に体験済み)

この条件は譲れない…!無痛分娩は必須なのです。

「和痛」と「無痛」の違い

山王病院は昔ながらの病院で、自然分娩を推奨している病院だったから無痛と表現をしない、とのことだったかな。確か。(間違ってたらすみません)

結論、言い方の違いなだけっぽい。結局は麻酔を使うし、完全に痛みを取り除くわけでもないんです。
無痛分娩は完璧に痛みを感じなくさせることだと思われがちだけど、そういうことでないらしい。
病院によって見解は様々。

無痛も和痛も、目的は「陣痛、出産時の母体の痛みを緩和しながら出産する」ということ。

無痛(和痛)分娩のリスクもあると聞くけれど、山王病院はミスは一度もなく、山王病院で出産する人の9割は無痛(和痛)分娩だから経験も豊富。

そもそもリスクよりも自然分娩の痛みに耐える自信が皆無すぎて無痛の一択のみでした。

計画分娩で良かったこと

山王病院では診察は毎回違う先生だったけど、週二回の検診のタイミングでみんな同じ主治医の先生になる。経験豊富の副院長先生。

子宮口の開き具合やこどもの成長具合を見ながら出産する日を決めちゃうのです。
つまりこどもの誕生日をこちらで決めるという(笑)

計画的に出産ができるというのは、スケジュールが立てやすく、家族にも前もって伝えておけるし、そのおかげでだんなさんも仕事の都合をつけやすく、ほぼ確実に立会いもできる。

バリバリ自分の仕事をしていたからその調整だってできちゃう←これ結構大事
入院準備や出産準備も、心の準備もできる!

もちろん出産は何があるかわからないから、絶対計画通りに行くわけではないけれど、外出先で急に破水…!というリスクも減らせる。

結果、私は計画分娩でスケジュール通りに出産ができ、かーなり助かりました!

出産の予約は早めに!

実は山王病院、無痛(和痛)分娩は365日24時間ではないのです!
これはちょっと悩んだところ。
平日の夜〜朝方、休日は麻酔科がお休みで対応不可。そのためもしも計画通りにいかなかった場合は麻酔ができず、自然分娩に。

それを回避できるのが山王バースセンター。
ここは365日24時間麻酔ができる。本当は最初こっちに出産予約をしようとしていたのです。

が!

なんと、山王バースセンターは新しく人気で、私の出産予定日の1月1日はすでに予約がいっぱい!

これはやばい!山王病院も予約できなかったらやばい!と思ってすぐに電話。
山王病院はギリギリとれた…よかった…危なかったよ。

ということで山王病院も山王バースセンターもどっちも、みんな妊娠が分かったタイミングですぐに予約をとるそうですぞ!

驚き!