子育て

完全母乳、直接母乳にするために使った物をご紹介!

「なるべく母乳をあげたい」「できたら直接飲ませたい」の道のりで使った必須アイテムはこちら。

授乳クッションは必須

言わずもがな授乳クッション。産後病院にあったものを使用していたけれどもこれは便利。
でも大きさがまちまちで、高さの好みもあるし、すぐ買い換えられる値段でもないから、結構吟味しちゃうところであります。

決め手は見た目だったけども(^^;)

毎日使うからとりあえず見た目が良くて、カバーが取り外しできて洗濯可能なものに。

月齢的に使わなくなった時は大人が昼寝ように使える優れもの…(^^)

哺乳瓶と乳首

最初は病院でも使っていたピジョンの母乳実感。
でも直接母乳を吸ってもらいたいから、あごの力や吸う力を鍛える物にしようと思って母乳相談室の乳首に。

母乳実感の乳首よりも母乳相談室の乳首の方が飲みづらく、少しずつしか減らないから時間もかかる。
そのかわり疲れて寝入るのが早かったかな。

3週間はずーと母乳相談室で毎日約8回あげていた。そうしたら1ヶ月後には直接吸えるように!

母乳相談室にしたおかげなのかは正直なところ分からないけれど、使っていなかったらもしかしたら吸えてなかったかもしれない。

可能性があるものは全部実践すべし◎

メデラの乳頭保護器(ニップルシールド)

これも病院で使っていたメデラの乳頭保護器に。
ただ、2つで¥1600と、なかなか高め。しかも新生児期のわちゃわちゃで、ひとつ無くした。ショック…。

ゴミと一緒に捨ててしまった可能性が高い。
透明だし、ティッシュとか使ってたし、知らず知らずに消えた。。勿体ない。

直接母乳を飲めない新生児にはもってこいのアイテム。
これで自分の乳首も伸びて吸いやすくなるんだとか。
ただ、痛い。私は血豆が出来た。ピュアレーンも合わせて使わないと乳首が悲鳴をあげますゆえ。

手動搾乳器と電動搾乳器

たくさんあるメーカーの中から選んだのはメデラ。もちろん病院で使っていたから笑。

最初は手動で搾乳するものを買って、毎日毎回使うなら電動の方が楽、ということで電動も購入しました◎

ただ電動は高い。でも、すごい楽チン!
私の場合、1日の内6〜7回母乳、1〜2回を粉ミルクにしていたので、搾乳器は手動のものから電動に買い替え。

ただ、パーツが多いから洗うのがめんどくさいこと。。
でもメデラにして良かった。他のは使ってないけど、結構しっかり絞れた(^^)

母乳パッドはピジョンのプレミアムケア

母乳育児で絶対使う母乳パッド。
片方飲ませているとツーンと反対からも出てくる母乳をキャッチしてくれる優れもの。

「ピジョン 母乳パット プレミアムケア」と「ピジョン 母乳パッドフィットアップ」を使った。

プレミアムケアの方が単価は少し高め。でも、使い心地、かなり違いがある!

プレミアムケアは粘着部分が多く、丸っこく下着の形にフィットして剥がれず漏れない。

フィットアップの方は下着に貼り付ける粘着が弱く、すぐめくれてしまう。グシャっとなりやすい。

消耗品だし、結構がんがんに使って減りも早いけど、断然プレミアムケアの方が良いです◎
ストレスフリーです。

搾乳した母乳を保存する

搾乳した母乳を一滴も無駄にしたくない!
搾乳のタイミングが合わない時も母乳をあげたい!

ということで、搾乳した母乳を新鮮なうちに保存する時に使った物。

季節によるかもしれないけど、冬だったから1時間くらいなら常温で置いていた。

冷蔵保存の場合、私は搾乳して、次の授乳の時に使用していたから約3時間ほど。
しっかり密閉したかったから、ピジョンの母乳保存用 哺乳びんキャップを買って使ってた。

冷凍保存の場合は、約2ヶ月くらい冷凍保存していた母乳を飲ませたことがある。
ちなみに私はピジョンの母乳フリーザーパックで冷凍保存していた。

※保存したり、保存方法や期間はネットで調べたり、先生によっても回答は色々です。
※あくまで個人的主観のため、これが正しいわけではないので担当の医師や助産師さんに聞いてみましょう!