子育て

完全母乳になるまで④ついに直接母乳にすることができた!

寒い寒い1月中、ずっと9:1の母乳:ミルクで、母乳は完全搾乳でやってきたけれど、ついに終わりがやってきた。

生後一ヶ月で直接母乳を吸ってくれた

一ヶ月検診と母乳外来を予約していた。
今日は直接母乳にチャレンジ。ぺってされるのが嫌で仕方なかったから、直接吸ってもらうのは練習をしてなかったし、試してすらいない。
ドキドキしながら授乳クッションの上に少し大きくなった我が子を乗せて。。
いざ、右から!

なんとなんと!
吸ったではないか!むすめよ!ちゃんと吸えている〜!これは驚いた。感動であります。

期待と諦め半々だったよ。ただ、左は形状の都合で吸いにくそう。というか吸えてなかった笑。

でも、やっぱりまだ小さかったし、吸う力も弱かったからだったんだ、と確信。
「きっと左も吸えるようになるよ、大丈夫だね!」と助産師さん。

ああ、長かった戦いが、今日終戦を迎えたよ。

直接母乳に切り替える

帰宅してからは、家に帰ってもちゃんと吸えるか心配で不安で、なかなか挑戦できなかったけど、そんなこと言って逃げてられぬ。
どんどんやって、飲みやすい形に変えていってもらおう!と。笑。

ということでこの日を境に直接母乳に。

ちなみに翌日あたりに、左も直接吸ってもらえるように(涙)
ようやく、ようやく搾乳を卒業できた。

哺乳瓶の乳首は母乳訓練用を

成長を待って、直接母乳を吸ってもらうのを目標にしていたから、哺乳瓶の乳首を「ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 乳首 SS」にした。

山王病院で「ピジョン Pigeon 母乳実感」を使っていたから、退院後も同じ物を買って使っていたんだけども、哺乳瓶って飲みやすくてずっと使ってると、飲むのに力が必要な母乳よりも楽に吸える哺乳瓶が良いってなっちゃうらしく…(><)

ピジョンの哺乳瓶であれば他の乳首でも付け替え可能!(一部の形状除く)
便利〜(^^)
「母乳実感」よりも吸うのに力が必要な「母乳相談室」使い続けていました!

最初は吸いづらそうだったし、母乳実感よりも時間はかかるけど、もしかしたら直接母乳を吸う力が付いたのは母乳相談室を使っていたからかもしれない(><)

あと吸うのに体力を使うからか、飲んだあとの寝つきもよかった笑。